学校リストをお探しなら、NPO法人 教育ソリューション協会の[全国学校データ]

NPO法人教育ソリューション協会


教育トレンド

グローバル時代の英語教育が加速 東京オリンピックを契機に

2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックはまたとない英語教育の機会である。英語が不得意な日本人という定説まであるくらい、不得手な我々だが、これを良い機会として進展させるべきである。猛攻するアジアの勢力にも負けてはいられない。 記事全文を読む

 人工知能の進展で約49%の職業がロボットにとって代わられる?

人工知能にとってかわられる職業。今から10~20年後には、日本の労働人口の約49%の職業が人工知能・ロボットに代替されるとの研究が発表された。そのような時代、今、何が一番もとめられる教育なのか? 記事全文を読む


経済格差が教育格差につながる 子どもの貧困問題

子どもの貧困を放置すると経済損失は約3兆円近くにもなると、経済同友会が試算した。経済格差が、教育格差へと連鎖することは、大変な損失である。大学や専門学校への平均的な進学率は8割だが、貧困家庭は3割だという。このような状況を受けて、 首都大学東京では、「子どもの貧困センター」が設立された。 記事全文を読む

成人年齢の引き下げで、18歳で選挙権

成人年齢を18歳に引き下げることになって、新たに200万人以上が有権者となって選挙で投票ができる。しかし、日本の高校生の「自己肯定感」は他の国よりも低い傾向にある。(国立教育政策研究所調べ)社会人となってどうすべきか、「主権者教育」が求められる。 記事全文を読む


経団連の希求する人材・基礎教育で基礎体力を

2015年物理学賞は日本人の2人がノーベル医学・生理学賞、物理学賞を受賞した。基礎研究に光が当たったといえるが。 現在の日本の高等教育は、国立大の運営費交付金が、法人化後の一〇年で約千三百億円削減されてきており、若手研究者のポストは日本は若手が参入せず、横ばいとなっているのである。「今」の学問ではなく、日本の教育の将来はどうなるのだろうか。 記事全文を読む


 幼少期の読書習慣の大切さ  学校図書館の充実を

幼少期の読書活動はその後の人生に大きく影響する。また、学校図書館を充実させることが必須である。子どもに読みやすい本、というよりも少し背伸びしてでも良書を与えたいものである。学校図書館予算は規模によって変わるがだいたい小学校で53万円、中学校で74、 記事全文を読む

保護者の教育負担は家計の3割に ~私立大学生の家計負担

■地方から東京にすむ子どもに仕送り額は最低額に 日本は、保護者の教育負担がかなり大きい、ということはかねてから言われてきた。このたび、東京私大教育連合が発表した「二〇一四年度 私立大学新入生の家計負担調査」では、家計のほぼ三割が大学 … 記事全文を読む


「家族と地域における子育てに関する意識調査」結果の概要

日本の人口構造の基盤を揺るがしかねない少子化。家族の傷場は、助け合いだという回答は約5割。夫婦の愛情をはぐくむ場でもある。 記事全文を読む


いじめ、不登校の原因は友人関係、親子関係に原因

小中学生の時期、学校環境になれずに不登校になっているきかっけについて、 学校要因、家庭要因、本人要因の3観点から分析した文科省調査からみてみよう。 小中学校時期に、家庭環境が子どもの成長に大きく影響することがわかる。 【小学校・中学 … 記事全文を読む

国際的に活躍できるリーダー育成のスーパーグローバルハイスクール56校を決定

文部科学省では,高等学校等において,グローバル・リーダー育成に資する教育を通して,生徒の社会課題に対する関心と深い教養,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け,もって,将来,国際的に活躍できるグローバル・リーダー … 記事全文を読む



このページのTOPへ

全国学校データベース