学校リストをお探しなら、NPO法人 教育ソリューション協会の[全国学校データ]

NPO法人教育ソリューション協会


教育トレンド

人工知能が人間を追い越す時代へ

「あと一〇年で消える職業」という発表があった。コンピュータが人にとって代わってしまう世の中がやってくるかもしれない。2045年頃の葉、人工知能が人間の知能を超える技術的特異点(=シンギュラリティ)に到達するということだそうだ。きたるべき未来社会に、ひとはどう対応するべきなのだろうか。 記事全文を読む

日本の教師の仕事の過酷な実態

教師の長時間勤務実態があきらかになった。過労死寸前の労働。日本の教師は、外国の教師とくらべて、その事務量は多い。授業はもちろんのこと、文書作成、進路指導、部活動、教育相談と休む間もない。教員養成大学も変化の波を受けている。 記事全文を読む

高等教育の教育無償化について考える

教育ということでは、様々なことが起こっているが。 その中でも、政府が打ち出した「教育の無償化」問題は、身近な問題である。もしかしたら今後の日本の教育界に活性化をもたらし、ひいては社会人の働き方改革にもつながるかもしれないという、期待 … 記事全文を読む

小学校でプログラミング授業が開始 ~次期学習指導要領から

次期学習指導要領には小学生でもプログラミング学習を学ぶような内容が盛り込まれている。現在でも、文部科学省、総務省、経済産業省が連携し、プログラミング教育の実施に向けて、学校関係者や教育関連やIT関連の企業・ベンチャー、産業界と連携し、試験的、体験的プログラミング活動の実証実験などが行われている。未来の教育の姿は? 記事全文を読む

AL教育、英語教育、大学改革等ーこれからの教育を経団連が提言

日本経済団体連合会(経団連)は、政府の第三期教育振興基本計画の策定に向けた意見を提言した。その骨子は、クティブ・ラーニング(AL)教育の推進、英語教育、大学の抜本的な改革、である。 現在でも、企業は大学との連携で高度理工系博士人材の育成等を行ている企業もある。ますますの情報化社会の進展に、教育改革は待ったなしの状態だ。 記事全文を読む

大学の財政難、基礎研究に影響  ~将来的にノーベル賞受賞者が育つために

2016年にも日本人がノーベル賞を生物学でを受賞した。日本人の受賞者はこれで25人目である。しかし、大学の交付金の減少や基礎研究への軽視等がこのところの高等教育の現状である。このままでは、将来的にノーベル賞級の研究成果は危ぶまれる事態である。 記事全文を読む

知の拠点である高等教育機関としての大学

地方在住者が大学進学するには、保護者の教育費用負担はかなりの額になる。東大が女子学生に助成金をだすという方針を打ち出して話題である。優秀な学生が経済的困窮で勉学ができないこととなるのは損失である。それでなくても日本の大学は、台頭するアジアの勢力にまけそうなのである。大学が世界レベルの大学になることも、急務である。 記事全文を読む

いじめ認知件数が二〇万件を超える

こども達の間でも携帯端末がはびこる。携帯が原因のいじめが増えてきている。中高生がいじめで自殺した例が相次いでいる。昔なら、もし学校でいじめを受けていたとしても、家庭に帰れば庇護があったが、携帯端末は、個々が相手のメールなので、容赦なく追いかける。 記事全文を読む


未来の教育のために基礎研究継続と充実を~ノーベル章受章で考えること~

2016年も、日本人がノーベル章を受章の快挙である。これを、手放しでは喜べない、現状の大学や研究機関は、科学に即効性を求めすぎているのではないか。大学の助成金は減額の傾向で、研究者の処遇も満足ではない。科学技術立国と言われるが、現状では、ノーベル章の受賞者大隅教授は、資材を投じて若手の育成資金に回す、という位、貧しいのである。 記事全文を読む

2020年度から学校にデジタル教科書が導入される

現在無償で子どもたちが使っている教科書。今後教科書はデジタル化されることが多くなる。デジタルでは大量の情報の格納が可能となり、従来の紙の強化外は異なる課題が多くなる。かかる費用も膨大であるが、現在行われている検定制度への波及、価格の負担等、課題は山積みである。 記事全文を読む


このページのTOPへ

全国学校データベース